ゲレンデでのマナーを守りましょう

ゲレンデにはルールが存在します。

ここでは自分で気をつける事の出来る事を紹介します。
ゲレンデで遊ぶ前にはしっかりとしたストレッチなどのウォーミングアップから始めましょう。
遊びといっても、かなり身体を使ったスポーツになりますので、ここをおろそかにすると、骨折などの大きなけがに繋がる恐れがあります。
しっかりした準備体操と、水分補給などの運動する前に必要な準備を怠らないようにしましょう。
準備が済んだらコースを選びますが、シーズン初めは特に、自分の技量に合ったコースを選ぶようにしましょう。
自分ではまだ無理なコースは何度か滑って身体を慣らした後でチャレンジするようにして、初めはきちんと自分の技量に合ったコースで滑ります。
無理をしてしまうと、技量の違うプレイヤーの中を滑ることになり、とても危険になってしまいますのでご注意ください。
滑り始める時や、他のコースに合流する際にも注意が必要です。
周りをよく見てスタートしましょう。

上級者の方も思いやりのあるプレイで…

上級者の方にとって初心者や、そこまで技量のない人が上級者コースにいるのはとても邪魔な事ですよね。
しかし、邪魔だからといって邪魔者扱いされてしまうといつまでたっても筆者のような人間は上達できません。
その為、少し背伸びをしてチャレンジしている人間もいる事を頭に置いておいてください。
もちろん初心者の方や技量のまだない方は無理なコースでの練習はやめてまずはできる所から始めるのがマナー。
上級者コースにそういった方がもしいた時には、しっかりした技量を持っている上級者の方がよけてあげるようにしてみてください。
ここでも実は、相手に対しての思いやりがとても大切になってきます。
ゲレンデで楽しんでいる方全員が思いやりのあるプレイをしていたら事故は劇的に減ることになります。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ