ゲレンデでの注意事項をおさらいしてしまいましょう。

ゲレンデで事故にあわないための注意点

ゲレンデでのマナーを守りましょう

ゲレンデに出かけて遊ぶ時って、基本的に一人では決してありません。 他にも遊んでいる方がいますから、それぞれがその場所でのルールは必ず守るようにしましょう。 その為には、遊び始める前にしっかりその場のルールの確認が必要ですよね。 ルール確認は自分でもしっかりできる事です。 忘れずに行うようにしてください。

おすすめリンク

価格重視で選ぶ!スノボツアーの見つけ方

安くてもしっかり楽しめる!価格重視でスノボツアーを探す方法とチェックポイントとは。

皆生温泉でおすすめの旅館!

皆生温泉でおすすめの旅館を調べました。友人、カップル、ファミリーそれぞれに人気なのは?

諏訪市観光ならレンタカーが便利

広くて行きたい所が多い諏訪市を観光するならレンタカーが便利!レンタカーのメリットも紹介します。

自己注意で改善できることもあります。

ゲレンデでは決められたルールとマナーが存在しています。
それは、遊びに来ている人たち全員が楽しい時間を過ごせるために必要なもの。
自分だけが楽しいからといって、自分勝手な使い方をしてしまうと、遊びに来ているその他大勢の皆さんのご迷惑になる以上に大けがに繋がる恐れもありますのでご注意ください。
基本的には、滑り始める前に十分なウォーミングアップをしましょう。
一年ぶりに使う筋肉たちが痛まないようにしっかりお肉の準備をしないと怪我の元。
久しぶりのゲレンデになりますから、必ずはじめは自分の技量に合った斜面を選ぶようにしてください。
天候や、雪質の状態で変わってきますのでしっかり下調べして状況に応じてコースを選ぶようにしましょう。
コースが決まったら、次はさっそく滑ることになります。
滑り始める時や、他のコースに合流する時に、斜面を横切らないように注意しましょう。
上から滑ってくるスキーヤーや、ボーダーは車と同じです。急には止まれません。
他の人の滑りを妨げないようにスタートしましょう。
もちろん、追い越すときも同じです。滑っている本人は後ろの事(上から滑ってくる人の事)は把握できませんから、ぬかす方が慎重に邪魔にならないようよく見てぬかすようにします。
お休みする時も一緒。
コースのど真ん中に座り込んでいるボーダーを見かける事もありますが、あれはとても危険です。
自分が滑っている側だと想像するととても邪魔ですし、いつ立ち上がり、滑りだすともわからない状態ですから、ぶつからないように滑るのはとても神経を使いますよね。
お休みする時はコースの端によってお休みするようにしてください。
もちろん標識、掲示、注意事項は守りましょう。
また、パトロールの指示にも従ってください。
暴風雪などでの視界不良の時は即座に中止するようにしましょう。
自然には絶対に勝てないですからね。

ゲレンデのルール

ゲレンデに限らず、必ずその場その場のルールは決められています。 ましてスキーやスノーボードのように大きな事故につながりかねない遊びの際には特にそのルールは守るようにしましょう。 楽しかった時間が恐怖の時間に代わることだってあるんですよ。 そして、決して無理をしないようにしましょう。

せっかく四季のある日本にいるのだから、思いきり楽しもう。

日本には四季がありますよね。 それってとっても素敵な事。その季節ごとの楽しみが増えるという事です。 どんな遊びにも必ず、ルールやマナーはついて回りますが、外での遊びは特に注意が必要。 相手が、対人の場合と自然の場合とありますのでしっかり準備をして遊ぶようにしましょう。